2016/7/28

<演奏予告> 8月21日 天神山インド音楽会@北海道 札幌



★ボギヨギ・アナンダ・イクスプレスの紹介
2014年に結成された、言霊と音霊と舞いのユニット。
北インド古典ドゥルパド声楽家のShree、日本で唯一の北インドのサトヴィク・ヴィー ナー演奏家の松久ひろゆき、旅の笛吹きNori Venugopal、そして舞の吟遊詩人たいち利 枝。
それぞれに力量も味もあるメンバーによる、祈りの言霊、古代ソルフェジオ周波数の 倍音宇宙、インド音楽をベースにした自由な音楽、言霊音霊綾なす時空間にたち顕われる 即興の舞。

★各メンバーのプロフィールはこちらから
http://norishree.com/BhogiYogi_Ananda_Express/BYAE.html

★参考動画「ハートスートラ」(今回はサントゥールのジミー宮下さんは参加されません。)
https://www.youtube.com/watch?v=vzKeHXmkWAk&feature=youtu.be

★今回はゲストで、台湾で活躍中の若池敏弘さん(エスラジ&タブラ)と札幌から黒田真介さん(タブラ)が参加します。
エスラジはインド・ベンガル地方で歌の伴奏に使われてきた擦弦楽器で一時すたれそうになっていたものの、近年復活したという珍しい楽器です。タゴール・ソングの伴奏に使われることでも知られていますが、現地インドでも演奏者は少なく、日本人でこの楽器を演奏する人はほんの数名で、北海道で聞くチャンスはめったにないです。(もしかしたたら北海道でのコンサートは初めてかもしれません。)
若池さんブログ
http://toshiwaka.exblog.jp/

★また、松久ひろゆきさんの演奏する、「サトヴィック・ヴィーナー」は日本人で演奏しているのは彼一人という大変レアなもので、北海道初上陸です。 サトヴィック・ヴィーナー(Satvikveena ):
Ravi Shankarの弟子であったグラミー賞受賞者 Vishwa Mohan Bhattが1970年ごろに創作したMohan Veenaは、シタール、サロード、ギターを融合させた全く新しい楽器で、彼の功績により、世界中にその名を広めた。それをさらに彼の息子であるPt.Salil Bhattが進化させたのが、Satvikveena。 この楽器はシタールの持つ瞑想的で深淵な音色とギターの持つ優雅な響きを合わせ持ち、聞くものを癒し平安の世界へ誘う。それはまさに東洋と西洋の融合、長い人類史を経て進化した楽器である。

♥真夏の午後の昼下がり、緑いっぱいの天神山緑地で森林浴と音楽浴をお楽しみ下さい。

◆料金:2500円
◆8/21㈰ 14:30開場、15:00開演
★FBページ(メンバーの変動により、ボギヨギ・ニルヴァーナ・イクスプレスと名前が変わります。)
https://www.facebook.com/bhogiyoginirvanaexpress/?fref=ts

********************** 8/20㈯にはヨガシャラ大通りスタジオにて発声のワークショップとキールタンの会があります。こちらと「天神山インド音楽会」を両方参加される方は各会場2000円となります。ご興味のある方はこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/754293234674131/




2016/7/15

7/2 Padmini@ 大阪























中山 智絵(Sitar)
若池 敏弘(Esraj)
Yusuke Mazda(Tabla)
広本 雄次(Tabla)

6/24 Raga Mala vol.34@大阪 伽奈泥庵




Esraj: 若池敏弘 Tabla:中尾孝介





Sitar:岩下洋平 Tabla:若池敏弘

6月16日龍騰象舞音樂會 - 中原大學








演出者:羅常秦/二胡 黃培育/吉他 金光亮平/西塔琴 Waka/塔布拉鼓

2016/6/11

<演奏予告> 7月2日 PADMINI 〜睡蓮の響き 〜インド古典音楽ライブ @ 大阪 バル マルコ ノスタルジ





PADMINI

〜睡蓮の響き〜 インド古典音楽ライブ

日時:2016年7月2日(土)
   19:00開場 
   20:00開演

場所:アジアン創作料理バル マルコ ノスタルジ
   大阪府 大阪市 北区中津6-13-31 丸甲倉庫54号
   TEL 06-6147-9733
https://www.facebook.com/marconostalgy/?fref=ts

入場料: 2000円(要1オーダー)
フライヤー持参で500円オフ(要1オーダー)
 
 今、関西の民俗音楽シーンで注目のお店、大阪中津のマルコ ノスタルジにて、不定期でお送りするインド音楽企画第一弾!

 記念すべき第一回目のゲストは大阪からシタール奏者の中山智絵、台湾に滞在し活躍しているエスラージ /タブラ奏者の若池 敏弘、関西の民俗音楽シーンや様々なフィールドで活躍中のタブラ奏者Yuusuke Matsuda、インド古典音楽の枠外にも幅広く領域を広げ続けているタブラ奏者の広本 雄次の、4人のインド音楽奏者によるシタール、エスラジ、タブラの、睡蓮の響きを感じるような演奏をぜひ体感してください。。






【出 演】

中山 智絵(シタール)
若池 敏弘(エスラジ・タブラ)
Yusuke Mazda(タブラ)
広本 雄次(タブラ)

<演奏予告> 6月24日 Raga Mala@大阪 伽奈泥庵





Raga Mala(ラーガ・マラ)とは
Raga=曲 Mala=輪の意味で、
朝のラーガから、昼、夕方、夜、真夜中のラーガへと
時間の経過に従って、途切れなく演奏していく形式で、
フル・マラ(花輪)に例えた名称です。
花の輪の様に毎回違う演奏者に繋いでいきます。

【詳 細】

日時:2016年6月24日(金)
   19:30開場 
   20:00開演

場所:伽奈泥庵(カナディアン)
   大阪市中央区中寺町2-1-64
   プリマヴェーラ谷町B1-1F
   TEL 06-6764-6483
   http://kanadian.org/

入場料:1ドリンク+チップ制

【出 演】

若池敏弘(エスラジ)x 中尾幸介(タブラ)
岩下洋平(シタール)x 若池敏弘(タブラ)

※ヘナアート /Ana Hata 演奏中や休憩時間に作業が出来ます。

主催:伽奈泥庵